2018/07/16

ドル円来週(7月16日~20日)の相場予想

ブログ更新が遅くなってしまい申し訳ありません。

今週は週足レジスタンスの上方ブレイクでロスカットを巻き込んで大きく上昇しました。
この上昇はファンダメンタルズより、テクニカル要素での動きが色濃くでており、ブレイク初動から乗っていけた人は大きく利益を伸ばしていけたんではないでしょうか。


18年7月16日~20日予想

上方ブレイクしたものの、短期的なチャネルの上限に当たったのちに、週末は少し下げてクローズしています。
このレートは下方にサポートが多くなっており、また、上値のレジスタンスがあまりないところとなっているため、下げたところからは買っていきたい環境にあります。

今現在の下げ方向の動きは新規買い勢の利確といった印象があります。
ここから新規で買っていく場合、買いが強まるまで引き付けていきたいところではあります。


【重要】日足・週足レベルの相場環境認識

現在レートは上値に抵抗要素が少ないところで推移しているため、トレード結果報告でも書いていたように、113.8までは上昇する可能性が高くなっています。
ただ、昨年抑えられ続けた114円台をブレイクする程の要素があるのかどうかと言うと懐疑的にならざるを得ないといった印象があります。
なので、現在の動きは週足でも確認できる日足上昇3波の真っただ中ということもあり、どこまで伸びるのか期待しながら上昇トレンドに乗っていきたい環境にあります。


来週の値動き

為替・株価共に大きく上昇し、週明けは調整の動きとなるのではないでしょうか。
ただ、ドル円の下方への調整は限定的となり、111.6~111.8で根固めができれば更に113円後半までの波に乗っていけるとおもいます。

逆に、売りが強まってしまった場合は110.8までは狙っていきたいですが、正直なところ、画像の緑のチャネルを下に抜けて、黄色の右肩上がりのラインを下回るまでは手を出しにくいです。
また、仮に下回ったとしても、簡単には上抜け・下抜けしないラインを上に抜けているため、下げたところからは買いが強まることが予想されます。


しもちゃんの今後の戦略としては、短期トレードに徹して、含み損を相殺していくことに専念していこうかなと思います。
というのも、クロス円は上昇余地がまだまだ残されているレートとなっているため、このままだと死亡が確定してくるので、なんとか生き残るために細かくポジションを調整していきたいと思います。

正直レンジが相場が続くとポジションの量が増えがちなので反省しております。



来週からは生き残りを賭けた聖戦が始まります(大げさ)。
来週からは切り替えて頑張っていきますよ!皆さんも頑張って稼いでください!







人気ブログランキング
参考になったという方は投票お願いします!
今後のブログ更新の励みになります。
















スポンサーサイト
2018/07/08

ドル円来週(7月9日~13日)の相場予想

今週はジリジリと上値を試す展開で推移し、ドル円は6月雇用統計の結果を受けて下落しました。


18年7月9~13日予想

雇用統計前の堅調地合いから平均時給が前月比で上回っていれば高値のチャレンジとなるかと思っていたのですが、市場予想を下回り、ドル円は下降しました。

5月の結果が全体的に良すぎたため仕方がないかなという気もしますが、アメリカの利上げは4回の路線が濃厚となっているため、大きな下落とはなりませんでした。

ただ、市場は4回の利上げを織り込みつつあり、むしろ4回利上げされなかった場合の下落は相当大きなものになるかもしれません。
クロス円も短期的には緩やかに上昇トレンドとなっていますが、テクニカル的には上昇ウェッジを作っているようにも見えます。

ドル円はアセンディングトライアングルにも見えますが、いくつもの長期足のラインに抑えられています。


【重要】日足・週足レベルの相場環境認識

先述のラインですが、日足20MAや200日MAの上でクローズとなってはいるものの、週足の切り下げラインと月足レベルの切り下げラインの下方ブレイク後の戻しでこのラインがレジスタンスとなっています。

仮に111.4を上抜けたとしても、112円で根固めできる程の上昇でなければ下方への推移は変わらないのではないかと思います。
ただ、ドル円の堅調地合いからみると、今すぐに大きな下落とはなりづらいようにも思います。
月足・週足のトレンドラインのクロスするポイントには夏場~秋始めあたりに到達してきます。

本格的な下落はこのあたりから発生するのではないかと思っています。
裏を返せば、それまでは109~111円のレンジで推移するのではということになり、レンジでのトレードで戦略を練っていきたいところではあります。


来週の値動き

先週は雇用統計への期待感から発表前は上昇していましたが、一転下落しています。週初めはアジア・オセアニアはこれを受けて売り先行で推移するのではないでしょうか。
110.2円を割り込む展開となった場合には第1目標で109.5円。勢いがあれば108.9までを想定してショートでとっていけるのではと思います。

注意点としては、110円を割り込む展開となった場合には日足のチャネル下限を割り込んでしまうため、最大で108.2まで下落する可能性も秘めているため、押し目買いを狙う場合は、チャートパターン的にもしっかりサポートされるのを確認してからにしたいですね。

逆に週明けから上昇となった場合には、まず110.8のライン次に111円最大で111.4と上値は限定的となると思います。
これは週足の切り下げラインと月足の20MAに抑えられているため、雇用統計後とあり、材料難からここを簡単には上抜けることはできずにむしろショートしていきたいポイントとして見る方が無難ではないかと思います。



欧州通貨買いがどこまで続くのか、また中国が貿易関税でどのような動きをするのかに注目しつつ来週も頑張っていきましょう!






人気ブログランキング
参考になったという方は投票お願いします!
今後のブログ更新の励みになります。
















2018/07/01

ドル円来週(7月2日~6日)の相場予想

今週の為替相場は全体的にレンジ内での推移に留まった週となりました。
株式もレンジ基調のやや下降気味に推移しております。

18年7月2~6日 予想


今週は日足チャートを使っていきたいと思います。
現在ドル円は中期的には上昇トレンドのチャネル内を推移していますが、110.8より上は週足レベルで上髭となりながら抑えられています。
更に、このラインは昨年11月の高値から年始の下落にフィボナッチを当てた61.8%とも重なっており、また、昨年11月にはネックラインとなったところでもあります。

つまり、絶対防衛ラインと言っていたこのラインは長期足で意識されるラインとなっているので、ここで抑えられた場合は週足レベルの下降トレンド再開、もしくは上抜けた場合には111.5~112.0へ一気に上昇するストップ狩りがある可能性のあるラインとなっています。

週末には一時的に上抜けましたが、円売り欧州通貨買い主導での上昇であったため、上値は伸びませんでした。
このラインより上に行くには、来週の雇用統計の結果が良好であったときなど、ファンダメンタルズ的好条件とドル買いが必要となってきます。


【重要】日足・週足レベルの相場環境認識

上昇中のチャネル内とはいうものの、高値は抑えられ、現在レートは週足・月足レベルの切り上げライン割れからの戻しの形となっています。
所謂トレンド転換の節目の攻防の可能性が高く、レンジの終わりが見えてきつつあします。
ただし、あくまで完全なトレンド転換となるライン108.2を割れ無ければ中期トレンド転換は確定してきません。

このような場合にトレンドラインを活用したり、チャートの形を参考にしていきたいところです。

長期目線では、今のレートではショートを保有したいところです。200pips程の上昇も許容しなければなりませんが、上昇したところではナンピンをしつつショートポジションを積んでいくのもいいかもしれません。


来週の値動き

来週は雇用統計もあり、週明けから110円台でするのではないでしょうか。
ただし、上記の日足チャネルラインから見ると今週が最後の上昇チャレンジとなってくるかもしれません。
来週は110.2付近まで押しを作ってから再度上昇していくのかなといった形になっています。110円割れからは買いを意識していきたいところですね。

しかし、この110.2を割り込むような動きとなった場合には日足チャネル割れを警戒しなければならないため、値動きに注意しつつ、短期チャートで上昇の形を確認してからロングしていくようにしてください。

また逆に、雇用統計で111円を抜ける展開となった場合にはショートを仕掛けていくのがいいと思います。
注意点として、トレンド転換か確定していなく、また、日米の金利差からマイナススワップが地味に嫌らしいので長期的な目線を持てる方のみショートポジションをとっていくようにしてください。



現在関係ないユーロ円で含み損を抱えているしもちゃんですが、7月も頑張って稼いでいきますよ!
それでは来週も頑張っていきましょう!







人気ブログランキング
参考になったという方は投票お願いします!
今後のブログ更新の励みになります。
















2018/06/24

ドル円来週(6月25日~29日)の相場予想

今月はトルコリラ円の値動きで今月は赤字となる未来しか見えないしもちゃんです。
個人的一大イベントのトルコW選挙が明日に迫ってきました。
少し憂鬱気味ですが、トレードに根拠を持って挑むべく、分析をしていきたいと思います。


18年6月25~29日予想

今週のドル円は高値安値のボラティリティを狭くしつつ来週には大きく動いてくる可能性があるポイントでクローズとなりました。
クロス円は週末にかけて短期的に大きく動く局面もありましたが、いい戻り売りポイントまで戻ってきただけのような印象があります。

ユーロドルは月足レベルの大きな節目のラインまで下落しており、ドル高相場の一旦の終了局面を迎えつつあります。
そうなると、先週も書いていたように円買いが強くなりやすい環境となってきます。ファンダメンタルズ的にも円高要因となりうるものが多く、さらには週足レベルではドル円は下降トレンドであることを意識する必要があります。

ただ、米経済はかね堅調であり、積極的にドルを売っていくということにはなりづらく、ドル円に関しては一気に今年最安値を更新するといった動きは考えづらいところではあります。

むしろ、クロス円の下降トレンドが強まる可能性の方が高く、ユーロ円に関しては123円も割り込んでくるのではないかと思っています。


【重要】日足・週足レベルの相場環境認識

ドル円は日足レベルでフラッグの形となっており、現在レートは下限割れの攻防となっています。110.8近辺の売りが強く、4月か5月頃に言っていた絶対防衛ラインといっていたこのレートが非常に強く意識されており、このライン以上の滞在期間は非常に短く、週足では全て上髭となっています。

このままいくと、週足切り下げラインである111.8どころか、直近高値111.5への寄り付きも難しいように思います。
今年はこのままジリジリと下げていき、週足トレンドラインへのトライは秋くらいになってくるかもしれません。
そうなると、数か月後ともなると、高値の切り下げラインは110円台となってくると思います。

あくまで個人的見解なので、参考程度にお願いします。


来週の値動き

来週はトルコ選挙を受け週明けは上値が重くなる可能性があります。というのもトルコの選挙結果が良好であった場合ドル売りトルコリラ買いとなり、欧州通貨や資源国通貨等もジリジリ高値を切り上げてきます。
そのような環境になると円も売られますが、ドル売りが強くなり高値は抑えられます。さらに、選挙結果が悪ければリスクオフ相場となり、ドルより円が買われてしまいます。

つまり、来週は110円台中盤まで戻れば売りを仕掛けていきたいと思います。そして、109.6を下抜けた場合には108円台まで利を伸ばせる可能性があるかもしれないので値動きに注意してついていきたいです。

もし、ドル円が上昇となった場合には、紫のゾーン下限110.6~110.9での値動きに注意し、強く抜ければ前回高値111.4までは伸ばせるチャンスがありますが、現在の環境からは難しいように思います。
ちなみにこのレートまでいった場合にはショートポジションをとってみたいです。

黄色のトレンドラインを下抜けた場合はまず109.6を意識し、下抜けた場合には108.9までついていけたらいいかなと思います。



長くレンジ相場となっていたことから、動き出すと一気に変動してくるかもしれませんので、重要ラインでの攻防には注意していきたいですね。




トルコリラ円が心配なしもちゃんですが、6月最終週も頑張っていきましょう!







人気ブログランキング
参考になったという方は投票お願いします!
今後のブログ更新の励みになります。
















2018/06/16

ドル円来週(6月18日~22日)の相場予想

出来心でトルコリラ円買い増して含み損マックスのしもちゃんです。

ドル円は短・中期で上昇トレンドとなっており、週末に黒田日銀総裁の発言後下落したものの、押し目として上昇し、110.5の上に乗ってきております。
110.8周辺は非常に意識されているものの上昇期待値は徐々に高まっています。


18年6月18~22日予想

FOMC前は利上げ回数について4回の利上げを見込んでその利上げペースについて期待され上昇していましたが、ややハト派な発言となっており、「期待で上げて事実で売る」セルザファクトの地合いとなりました。

下がったところでは109円では押し目買い勢力もあり、ECBでのユーロ安誘導のドル買いにより上昇し高値を更新しました。
Fibo61.8%のラインは非常に意識されているものの、再度上抜けまで時間の問題となっているように思います。

今週はユーロが主役となった週ですが、通貨強弱はというと、


ドル>円>ポンド・ユーロ>資源国通貨


のようになっています。

つまり、クロス円は円高圧力が強く、更に強いドル買いによってじわじわと上昇していることになります。
資源国通貨(カナダ・オージー等)は原油価格の影響で売りが強く警戒感が高まっているように思います。


【重要】日足・週足レベルの相場環境認識

日足レベルでは前回高値からの切り下げラインを上抜けて押し目を付けたのちの上昇となっています。一旦前回高値ライン111.5付近を目指すのか、もしくは週足切り下げラインまでの111.8付近を週末には目指すのかといった形になっています。

ただ、日足レベルでは上昇トレンドとなっているものの、先ほど書いた週足切り下げライン付近では長期トレーダーのショートが待ち受けています。
なので、111円台ともなればショートしていきたいですね。
長期トレンドは下降トレンドとはいうものの、またトレンドラインには到達していないので、大口のショートはやはり111円台で待ち構えているのかなと思います。


来週の値動き

来週は1時間足レベルでダブルボトムらしきものを形成して上昇していることから週初めから上昇していき、111円をタッチするのかどうかとなってくると思います。そして、半ばには111円台の高値をどこまで伸ばせるかの攻防となり、週末に下落していくのかなと予想しています。

まず、今週の安値ラインは日足20SMAとチャネル下限にサポートされており、現在レートは4時間足SMAとEMA、200日SMAにサポートされているため、かなり底堅くなっています。

下がった場合は、109円台では買いを意識してつい行けるのかなと思います。

ただし、短期チャネルラインを下抜ける展開となった場合には前回安値108.2までの下落を想定しなければなりません。
基本的には今の状況からはそこまでの下落は考えられないと思われるため、上値をどこまでつけるのか、111円付近のどこで反転下落するのかをを見極めていきたいですね。



周期的には来週後半には下げの警戒が必要なのかなとは思いつつも来週も頑張っていきましょう!