2018/02/25

ドル円来週(2月26日~3月2日)の相場予想

本日25日日曜日と遅くなってしまいましたが、USD/JPNの相場予想をしえいきたいと思います。
ポジポジ病が垣間見えるしもちゃんですが見捨てず付き合ってあげてください。

18年2月26日~3月2日予想


先週は大きく下落した後の調整といった動きでしたが、しもちゃんの予想を大きく超える107.900付近まで上昇しました。
現在ドルはユーロやポンドといった主要通貨に対して強く作用しており、買われやすい環境にあります。

しかし、ドルインデックスのレンジ範囲内の高止まりといった印象を受ける位置でのクローズとなっており、またそれ以上に円買いが進行しやすい環境下にあるため非常に上値は重く、来週は再び下落に転じるのかっといったイメージを持って見ていきたいとおもいます。



【重要】日足・週足レベルの相場環境認識

2012年の史上最安値から引かれる切り上げラインを今年に入り下方ブレイクし、日足レベルでは戻り売りの上値切り下げポイントを作りにいっているように見えます。来週で月足も確定となってしまうことから、下方ブレイクを陰線で確定してくるのか注目したいところです。
何度も書いていますが、しもちゃんの予想を超える上昇を見せたとはいうものの、フィボナッチで見ると、50%に届いていない107.900に抑えられ、4時間足で確認できるダブルトップを形成してからの小幅な下落を見せています。
フィボナッチのレベルでいうと、上値の重さを意識した上昇という観点からは順当な戻りであったと思います。

ざっくりといえば、来週は上にも下にも行きづらいもどかしいチャートを形成するのではないかと思いますが、来週のシナリオとしては3パターンに絞って考えています。



来週の値動き

〔パターン①〕
上昇パターンでは、赤の矢印のように一旦直近チャネルを上抜けて、直近の切り下げラインとフィボナッチ61.8%の交点を目指した動きです。
この場合でもやはり上値の重さを意識する必要があり、過度なトレンド転換への期待は禁物です。このときの上値は最大108.500付近にあるレジスタンス要素の強いラインが意識されることは間違いなく、目線の転換は少なくともこのラインを上抜けて、押し目をつけるまでは下降トレンドという意識は常に持っておく必要があります。


〔パターン②〕

画像では確認しにくいですが、1時間足レベルのチャネル上限で反転し、チャネル継続となり、105.550の安値をそのままトライしに行くパターンです。この場合は週初めからの下落で4時間足レベルの小さな3波目になります。
この時の注意点としては、安値の切り上げポイントを作りにいく可能性を意識する必要があり、指値は105.800までにしておくのが無難ではないでしょうか。


〔パターン③〕

真ん中の青矢印で、しもちゃんは一番高い可能性でこのパターンになるのではないかと考えています。
一旦1時間足のチャネルを上抜け、4時間足レベルのチャネルと日足の20MAに抑えられ、高値の切り下げを確定させてからの下落となるのではないでしょうか。この時の上値の上限は107.500となり、新たに引かれる切り上げラインを抜ける展開となれば安値の更新を狙った動きとなり、104.200を目指すのではないでしょうか。
ただし、このパターンとなった場合は週終わり頃からの動き出しとなるので週跨ぎを覚悟する必要があります。
この展開になり、週跨ぎできない場合には105円前後で一旦利益確定してもいいかと思います。




なぜ週跨ぎを警戒する必要があるのかというと、土日の間にも世界情勢というのは刻一刻と変化していきます。
この期間にファンダメンタルズ的大きな出来事が発生すれば、急変動が起こり、ロスカットにあってしまうこともあるからです。
個人投資家の資産額ではとても耐えきれない変動となれば破産のリスクもあるので、しもちゃんの現在のショートの含み損も怖いところではあります。

何度もいいますが、エントリーポイントより利確ポイントを明確に意識することと、無根拠のエントリー(ポジポジ病)の克服を身につけていけば少量ながらも利益を重ねて、勝ち組への道も切り開けていけるのではないでしょうか。


それでは来週も頑張っていきましょう!











スポンサーサイト
2018/02/25

今週(2月19日~23日)トレード結果報告

18年2月19日~23日ダウ


今週は急速な下落に対する戻りに終始した1週間となりました。
先週のしもちゃんの相場予想を超える上昇を見せ、下落に対する一旦の手仕舞いといった印象を持った方も多かったのではないでしょうか。

ダウも同様に下髭を伸ばした陽線となり、2週連続の陽線でクローズとなりました。
しかし25000ドルを意識されているせいか上値は重く、再度下落するかもしれません。


一方しもちゃんはといいますと、週初め早々にロングエントリーし、20日夜には予想していた指値の107.3で見事に決済となりました。見事100pipsのトレードとなりました。


【しもちゃんの心理】 あれ?今週のチャンスは火曜日で終わり?


その後107.900まで上昇し、一旦値を下げてきたところで、本来の目的のショートエントリー!
すると再度上昇し、逆指値107.9に引っ掛かり損切りにあいました。45pipsの損切りで今週の収益を半分に減らしてしまったしもちゃんは、その後はスキャルピングで若干取り戻したりもしましたが、ほぼノートレードで終わりました。

ここで注目したいのが、ロングは逆張りであったため、ロットを減らしてトレードし、トレンドフォローのショートは通常ロットでのエントリーでした。


では今週のトレード結果報告はといいますと・・・


決済損益  10,080円
スワップ損益  2,159円
合計  12,239円

含み損(ドル円)  -16,360円
含み損(トルコリラ円)  -102,600円



先週末夜勤だったので休憩中にショートエントリーしました。含み益16,000円程利益が出ていたのですが、そこで決済(チキン利食い)すればよかったのですが、決済ポイントを決めていないダメトレードでしたので、仕事終わりに見ると、文字が赤くなっていました・・・













2018/02/18

ドル円来週(2月19日~23日)の相場予想

本日18日(現在17日深夜2時)ということで、来週のUSD/JPNの相場予想をしていきたいと思います。
先週は金額は減ってませんが、実質負けてしまったようなものなので、お前の言うことなんか信じられるかとか言わないでください。
しもちゃんの心のサポートラインを破ってこないでレンジ相場のように生暖かく見守ってください。

18年2月19~23日予想


トレード結果報告でもちらっと触れましたが、先週はダウと日経の調整の調整というような動きとなりました。
リスクオフの相場環境下で日経に相関しはじめているドル円でも週末はやや押し戻してクローズしましたが、結局上値は非常に重たく、徐々に徐々に下げていきました。
その後、先週の予想の107.300をブレイクし、最安値は105.500付近をマークしました。


【重要】日足・週足レベルの相場環境認識

これは、日足で見るN理論の動きで第3波目のターゲットを目指した動きです。ローソク足実線でみれば、105.800でサポートされていますが、しもちゃんの強気で見たスイングターゲットである105.300再度トライする動きをするのではないでしょうか。
図のピンクの値幅を当てると、もう少し下げ余地があるように見えます。

もし、このラインを下抜けた場合には大きな節目となるラインがほとんどなく、乱高下を繰り返すトレンドレスな相場となり、一時的に103.400にもつけてしまうのではないかという位置まで円高が進行しています。


来週の値動き

直近1時間足にチャネルを引いてもらえばわかるとおもいますが、やや上抜けしています。
このことから週初めは上値トライの動きが入るのかなというような終わり方をしています。上値が重いということを加味し、上値をトライした場合のターゲットとなってくるのが、まずは106.800のレジスタンスラインで戻り売りやショーターの利確が入りながらゆっくりとした上昇となるかと思います。

もし、このラインを抜けたとしても、昨年最安値の107.300がこんどはレジスタンスとして効いているのも確認できることから、上昇できたとしても、107.500までではないでしょうか。むしろ、このあたりでの短期トレンド転換を待って、ショートをしかければ、今週は200pipsを狙えるのかなと思っております。

ただし、この値位置からはスインガーのロングも入りやすいということもあり、一気に下抜けという展開にはならないというのが、現実的で、ショートで勝負を仕掛けるにしても105.800~106.700のレンジになることを想定して、106円前半での動きには注意が必要です。

また、週末NY市場ではクロス円でユーロ・ポンドでは円買いとなっていますが、対ドルとなればドル買いの方が強くなっていました。つまり、今回の株価大暴落に対するリスクオフで円とドルが買われるという状況はいまだに続いていることは意識しておく必要があり、細かな利確を心掛けるようにした方が結果的に利益を伸ばせるもしれません。


要するに来週は106円中盤前後からショートを繰り返せば勝てる!

このような気持ちでスイングというよりデイトレ・スキャルピング気味にトレードしてみてください。
※ チャートを見て勝負をしかけるタイミングはしっかり見極めてくださいね!



では来週も頑張って稼いでください。














2018/02/18

今週(2月12日~16日)トレード結果報告

18年2月12~16日日経225

今週はダウと日経225の大きな下落からの反発が見られ、調整の調整といったところでしょうか。しかし、上値は重くさらに下落していくのではないかと思われます。
昨年の上昇に反してドル円は相関が崩れていましたが、ここ数週間は相関が戻ってきているような動きをしています。
つまり、トレーダー全体のムードがリスクオフに傾倒していると言わざるを得ません。以上のことから現在の円高相場はまだまだ続くように思います。

さて、今週のトレード結果ですが、週初めの損切りの影響で疑心暗鬼となりトレードチャンスがきていてもほぼトレードをしていません。というより気持ちに負けてできませんでした。
ドル円は4時間足を見ると、短期トレードやスキャルピングがやりやすかったと思うんですが、本当にもったいないことをしました。

では惨敗だった今週のトレード結果報告です。


決済損益  2,743円
スワップ損益  3,504円
合計  6,247円

含み益(ドル円)  510円
含み損(トルコリラ円)  -107,470円


一応プラスにはなっていますが、リアルトレードでも報告したようにユーロオージードルのリスクヘッジでユーロドルをトレードしたおかげと言っても過言ではありません。
更に大人しくしておこうと買い増ししたトルコリラ円のおかげで含み損がさらに拡大しております。
まあトルコリラ円に関しては超長期を意識して高金利貯金なので問題はないです。

来週はリアルトレードでいい報告ができればいいなと思いますが、取引銘柄についてもしっかり吟味しないと、また恥ずかしい思いをしてしまうので慎重にいきたいと思います。











2018/02/12

2月12日リアルトレード【ユーロオーストラリアドル】

本日2月12日月曜日さっそくですが、チャンスが訪れてきたのでリアルトレードの報告をしてみたいと思います。

18年2月12日EURAUDリアルトレード


いつも相場予想はドル円ばかりやってますが、今回ユーロオーストラリアドルでチャンスが訪れてきたので成行注文をしました。
相変わらず円高圧力が強い中、今日はオーストラリアドルがクロスで買われているのが確認できます。しかしこれを書いている間にさらに円高圧力が強まり、15pips程でていた利益が徐々に減ってきています。。。

この心境が所謂「チキン利食い」となってしまうパターンです!
しかし自分のシナリオを信じてOCO注文に身を委ねたいとおもいます。







さて、注文根拠ですが、フィボナッチの起点となっている押し安値から引かれる切り上げラインですが、23時の4時間足で下方ブレイクを確定させました。その前に直近安値も下回ったことから、急遽成行でショートエントリーしました。
15分足レベルだと1.55900に指値するんですが、4時間足レベルでの戻りをとるシナリオでのトレードですので、指値は強気で行くならフィボナッチの61.8%ライン付近の1.54550にするんですが、逆張りとあってそこまで強気に出ることができません。よって、50%戻しの1.55250に指値しました。ここは11月20日あたりの高値にあたります。また、下降トレンドの起点にもなっているため、意識されるラインだと推測します。

1.57700のラインは日足・週足でも強く意識されているラインで、レジスタンスとして非常に強く作用しています。ここから週足レベルで確認できるダブルトップに発展すればスイングで長期保有することも可能です。

ムフフな妄想ばかりしていますが、しもちゃんのように少額でFXをやっている人にとって負けトレードでの損失は結構痛いです。
ここで資産運用の大事さがわかってきます。大きな賭けに出れば利益は大きいですが、負けトレードの場合は大きな損失となってしまいます。
一般的に許容損失は資産の2%と言われています。でなければその後の巻き返しは非常に難しくなってきます。そして取り返すために無茶なトレードをしてロスカット・・・と最悪なパターンは避けたいです。

そこで逆指値が重要になってきます。今回しもちゃんは1.57150に逆指値をおいてます。本来ならば直近最高値の1.57940付近に置くのが一般的ですが、これではリスクリワードが1:1と割りに会いません。可能であれば2:1もしくは3:1くらいの比率で利益を出していきたいです。
これが損小利大の理念になります。
しかし、こういったポイントを見つけるのは難しくもあります。現在もしもちゃんは不安でいっぱいです。


何はともあれ、今週中に+決済となることを祈って待ちたいと思います。



2月13日続報

さっそくですが結果報告したいと思います。
結論からいいますが、典型的な負けパターン「髭で狩られる」形で逆指値に引っ掛かって見事70pipsほど負けました。
リスクヘッジといいますか、ユーロドルのロングも朝エントリーしてましたので、損失は小さく済みました。

18年2月13日EURAUD結果

エントリーした陰線が髭になって、次の足で大きく戻していたので正直これはまずいなと思ったのですが、昼頃確認したら再度含み益になっており、少し安堵していました。

ここで下抜けを確定していないというより、トレード根拠が成立していないことに気づいていれば微益で逃げることができたのですが、素人ならではの負けトレードでした。
しかし先ほども書きましたユーロドルロングのおかげで今週はまだプラス状態を維持できています。
今日ユーロドルのリアルトレード記事を書けばよかったわくそが

まあしかし、視点を変えると逆指値のおかげでそれ以上の損失を回避できているという点は理解していただきたいと思います。

逆指値は非常に重要です!

ちなみにこの記事を書いている現在1.5760にまで達しており、これを所謂ガチホールド(略してガチホ)していれば、他通貨のトレードに費やす証拠金が拘束された状態となり、機会損失してしまいます。

言い換えれば他でもっと稼げるのにいつまでマイナスの数字を見てるのって状態になってしまいます。これはマイナス決済をするよりも大きな損失であることを理解してください。
たとえば、含み損を抱えている間に他通貨ペアでエントリーチャンスが何度も訪れて、トレードしていれば500pipsの利益がでているのに含み損200pipsを眺めているだけとか、何のためにFXをしているのかわからない状態になってしまいます。

なので、今回は失敗してしまいましたが、エントリーする時点で指値の位置と逆指値の位置を決めてしまうのは、FXをやる者として常識なので、間違っても根拠もなく値ごろ感でエントリーのような博打は絶対にやめてください。
ギャンブルがしたいなら、パチンコでもどうぞ!

では、皆さんも頑張って勝ち組になりましょう!













2018/02/10

今週(2月6日~9日)トレード結果報告

18年2月2~9日ダウ

適正状態にあった米経済ですが、先週末より米長期金利の上昇によりインフレが懸念され、ダウの記録的な暴落となりました。
一時23000ドルを下回り市場心理は不安な状態に陥っているいっても過言ではないのでしょうか。この影響で日経をはじめ、世界的な株安となりました。

専門家によってはシステム的な売りであり、経済成長に影響はないとしているものの、為替相場への影響を懸念せざるを得ません。
これを受け、安全通貨である円買いが進行し、昨日は今年最安値をつけたあと、巻き戻した形でクローズとなりました。

来週の値動きの予想については金曜日に書いた来週の相場予想を参照してみてください。

ただし、米経済は依然好調ということもあり、安値圏108円では買いも入り易く、また、今回のダウ下落のリスクオフの動きの中には、ドル買いもあった印象があります。

というのも、リスクオフの動きであれば円相場は更に下まで下落してもおかしくなかったのですが、昨年の安値圏で踏みとどまり、ドルストレートを見てもドルの投げ売りには繋がっていませんでした。

ローリスクな新しいFX【My外貨】




さて、今週は狭い値幅の中での動きとあってしもちゃんはあまりトレードができませんでした。
なので見せ場といえるトレードは全くありませんでした。
よって結果のみの報告とさせていただきます。


決済損益  39,480円
スワップ損益  3,322円
合計  42,802円

含み益(ドル円)  6,260円
含み損(トルコリラ円)  -89,150円



ずっと保有してるトルコリラ円ですが、円高相場とあって含み損が拡大しています。30円台に戻ることはあるのでしょうか。
31円に戻る夢を見ながらひたすらスワップのみ吸い取っていきたいと思います。















2018/02/09

ドル円来週(2月12日~16日)の相場予想


本日9日金曜日19時時点と少し早いですが、しもちゃんは少し手を出しにくい流れとなってきましたので今週の取引を終え、来週に備えてUSD/JPNの相場予想をしたいと思います。
18年2月12~16日予想

今週NYダウの記録的な大暴落を受け、リスクオフの動きから円が買われる展開となりました。
先週ドル円相場予想でも書いたように、週足の20SMAとEMAがデッドクロスした状態にあり、円高は進行しやすい相場環境にありました。
しかしながら、108.500あたりには昨年の固いサポートラインが走っており、支えられる形となっています。



【重要】日足・週足レベルの相場環境認識

2016年安値から引かれた切り上げラインはすでに下方ブレイクした状態にあり、もっと前のドル円史上最安値から引かれた切り上げラインに挟まれた形となっています。いづれにしても円高局面にあり、上値は限定的と言わざるを得ません。
さらに上にも書いたように週足の20MAは下向きでデッドクロスしており、チャートが上昇すれば戻り売りが入り易くなっています。
しかし、昨年のサポートラインには支えられているため、108円ブレイクを意識しつつも引き続き108.000~109.500の値幅でどちらにも動き辛い状況にあります

ファンダメンタルズ的にも米長期金利の上昇からNYダウの暴落が始まり、昨日も同様の理由からダウの急落によりリスクオフの円買いとなりました。
また、日銀のETFに関する発言にも引き続き警戒が必要です。ダウと米長期金利の動向に左右されやすい局面にあり、今後も激しい値動きに振り回される可能性があります。

最近相関性のなかった日経225のチャートですが、世界的に株安となっており、日経についても安値をどこにつけるか注目しておきたいところです。

世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

通貨ペア50種類!ヒロセ通商【LION FX】



来週の値動き

上の画像に引かれた緑の切り下げラインと108.500のサポートラインで小規模なディセンディングトライアングルができつつあります。上方にブレイクしたとしても109.800かその上110.500には抑えられるでしょう。
トライアングルフォーメーションはトレンド継続パータンになる傾向のため、しもちゃんは、来週108円ブレイクを狙った動きになると見ています。
ブレイクした場合には昨年最安値の107.300付近をターゲットにした動きとなるのではないでしょうか。
この三角の値幅約100pipsで見てもターゲットは107.500あたりになります。
このターゲットを達成した場合、週足の大きな切り上げラインもブレイクすることとなるので、106.200も視野に入ってくる可能性も秘めています。ただし、106円は来週中にはくることはないと思うので期待し過ぎると急騰に飲み込まれてしまいます。

注意点としてはトライアングルフォーメーションは日足や週足で見るものなので、4時間足で確認できたものがどこまで信用できるのかは疑問の残るところではあります。


大きな値動きといえば昨日寝る前に利確したポン円ロングが今朝には急落しててコーヒーを噴きそうになりました。
危うく殺人通貨ポン様の被害を被るところでした。というのも、今週は短期トレードしかできそうにない値動きだったので、ほとんど手を出せなかったんです。
そして、やっと手を出せたのがポン円で、4時間足で切り下げラインをブレイクしてたのでちょっとだけロングしました。でも円高局面なので少なくても寝る前には利確しようと。
するとイギリス指標のおかげで100pipsとることができました。

こんな値動きについていけないって人にはOANDA japan【My外貨】っていう新商品がいいんじゃないでしょうか。
低レバレッジなので資産が吹き飛ぶことはほぼないんじゃないでしょうか。


口座開設

ローリスクな新しいFX【My外貨】



さてさて、話は変わりまして、同じブログ内になんでもかんでも詰め込むとよろしくないんじゃないかと思い、本来の趣味の内容を書くブログを新規開設しました。
その名も「しもちゃんの野外活動」です。

こちらは先にFXに関して書き始めたこともあり、投資関連専門にしようと思います。
まだほとんど閲覧されないブログなので誰もこまりませんよね














2018/02/04

ドル円来週(2/5~2/9)の相場予想


明日から始まる2月第2週のUSD/JPN相場予想をしてみたいと思います。
3日の雇用統計で市場予想を上回り110.420付近をとらえた後、しもちゃんの予想通り前半まで戻して先週はクローズとなりました。
18年2月5~9日予想
画像はしもちゃんのテクニカル分析の1部を示しています。実際はMT4のチャートを使っているのでもっと自己流のラインがひいてありますが、なんだか個人があまりこういったものを公開してはいけない(ソースはない)らしいので別のチャートを開いてそこにペイントでお絵かきしてみました。
まず先週の高値ですが、4時間足の画像ですが、20日移動平均にきれいに抑えられた形となっています。これはEMAとSMAが両方反応しています。
※120MAがなぜ20日移動平均かというと、
4h × 6 = 24h = 1d
1d × 20 = 20d
6 × 20 = 120  ・・・つまり4時間足の120MAが20日移動平均となります

ちなみにしもちゃんは15、1h、4h、日、週足を見てトレードを行います。
そしてこの画像には表示できていませんが、注釈の単位で、上位2つの20MAが表示されるように設定してます。


【重要】日足・週足レベルの相場環境認識

話がそれましたが、今はまだ週足の20EMAとSMAがデッドクロスした状態となっているので大きな流れとしては円高方向に進んでいくと予想しています。週明けはオレンジの矢印の範囲でレンジになり、週中くらいから、赤と青の矢印のようにレンジ抜けとなるのではないかと。
ただし、年始から始まった下落トレンドが日足チャートで見た第3波であった場合、ピンクの丸で示した範囲の値幅、つまり、111.5~112円を高値にした調整が入る可能性もあるため、安易に売りを仕掛けていくのは無謀です。
そんな相場観のもと、15分足を見ると三角持ち合いとなっているのがわかります。
恐らく下抜けするんじゃないかと期待しているのですが、予想通りの動きとなればまずはレンジ下方の109.70~80付近への戻しがあれば摘み取ってやろうかと画策しています。
逆にいえば月曜日は全体の相場の流れを読むのに徹した方が、大きな流れに乗っていきやすいので、無理にポジポジしちゃうのは控える方が結果的に利益に繋がることもしばしばあります。


【ゲーム感覚】でもFXはギャンブルじゃない

このような相場予想をして当たった時ってすごく気持ちよくないですか?お金も入って俺相場師なんじゃね?的な余韻に浸ることも可能です。
預貯金に手を出さずに余ったお金を使いさえすれば、こうした値動きに一喜一憂できるのでゲームをやっている感覚を楽しめます。過去にスマホゲーにハマって課金なんかしちゃったりして、嫁に怒られたこともありましたが、今は逆に増やすことも可能になって今年は本来の趣味なんかにも打ち込めるんじゃないかと期待しております。
DMM.com証券ヒロセ通商といった広告がよく出てきてますが、他の証券会社もお金を入れなくてもデモトレードを用意しているところが殆どなので、興味のある人はやってみてはいかがですか?
注意点としては、実際に入金するのとデモトレードでは精神的な感覚が全く違いますから、デモトレードでうまくいったからといって、実際に入金してうまくいくとは限りません。
>FXって難しいけど魅力がある
でも言ったように精神力って本当に大事なんです。
含み損が膨らみ過ぎて損切りできない・・・
ギャンブラーで急変動に飛び乗っちゃう・・・
利益が出てる今のうちに利食っちゃおう・・・
他にも色々ありますが、しもちゃんにもそんな時期がありました。そして、先月は悪い方に原点回帰してしまいました。案の定の大きな損失を叩き出しました。
以上、投資は自己責任でお願いします。しもちゃんみたいにギャンブラーになっちゃだめですよ!









2018/02/03

2月米雇用統計


今日はアメリカの雇用統計でした。
今回は鈍化の予想がされていましたが、平均時給が予想を上回りUSD/JPNは109.800付近から110.420まで急騰しました。
カシュカリ総裁はハト派として知られる人ですが、「米雇用統計では、賃金の伸びが示された」、「賃金の伸び続けば金利に影響及ぼす可能性も」との発言もあり、2019年にかけての利上げを示唆するような含みを持たせていました。
ファンダメンタルズ的には(頭が悪いので)あまり分析しないのですが、ドル安地合いはまだまだ続くんじゃないかなあと思っています。
今回は短期的なドル高ですが、トレンドフォローでUSD/JPNは売りで勝負を仕掛けていきたいところです。


そんなしもちゃんは昼頃にチャネルライン抜けに買い注文を仕込んでいたので見事に刺さって昨日より儲けちゃいました。
指値は110.200に設定していましたが更に上まで突き抜けていっちゃいました。
ただ、110.400以上は円高トレンドが健在ということもあり、戻り売りが入る可能性があります。それに本日週末ということもあり、明け方には110円前後まで戻すんじゃないかなあと思います。

来週は続伸するのか円高地合いに戻るのかよく見極めたいと思います。

しもちゃんは仕事中にスマホを見れない環境にあるのでようつべで人気の准教授のようなハーフスイングを行います。
休みの日にはスキャルピングをやってお金が誰かのお財布へ行きますけどね

この手法のメリットとしては、1日に頻繁にチャートを見なくて済むことです。
翌日や2日後とかに指値に刺さったら割と大きくとれるのでお勧めです。
それに、スキャルピングより簡単なんです。長期になればなるほどトレンドフォローがやりやすくなるので短期の変動が可愛く思えてきます。ただし、数か月にわたるようなスイングトレードはファンダメンタルズが重要になってくるのでしもちゃんは2,3日を目途にトレードします。

現在のUSD/JPNの相場環境としては、底を模索しているように見えます。個人的には週足の切り上げラインを目指していくんじゃないかなあと予想してます。そもそも2018年は年末までは118円くらいまで行くと思っていたんですが、年始からの下降トレンドを見て、今年もレンジ相場を抜け出せない気がしてきました。
なので107円台まで下がったら小ロット買いを仕込んでスワップ金利だけせしめていきたいと思っています。ただ107円を割り込むようだと更に安値を目指していく環境になってしまうので、タイミングはしっかり見定めないとまた誰かの財布に寄付することになってしまうので気を付けたいところです。

先月の損失の要因ですが、海外ハイレバで有名なXMという会社の口座で取引をしてみたからです。
この会社のMT4がかなり使えるので他の口座のトレードでもチャートはいつもこれを見ています。
まずMT4は世界的に使われるチャートで、時間の更新や時間軸が海外と同じものになります。
・・・えっと、難しい説明するのもややこしいので、簡潔に言うと

①世界の投資家と同じチャートを見ながらトレードできる
②ラインを引いたときに上位・下位足にも反映できるのでテクニカル分析しやすい
③チャートのプロパティで自分好みに設定を変えられる




そんなチャートを見てるとですね・・・XMはゼロカットだし、ハイレバな取引をやってみたくなっちゃうんです。
5万円だけ入れたお金が約2週間で100万を超えっちゃったんだから更に魅了されちゃいました。
当然ハイレバで大きく損失を出すリスクもあることは頭にあったんですが、欲に負けた結果ゼロカットされてその100万円はどこかへ旅立ちました・・・
そして取り返そうと追加入金を何度か繰り返し恥ずかしくて言えない万円の損失を叩き出しました。

これは投資からドロップアウトした人々の典型的な思考回路だと思います。
いい時の記憶が強く残りそれを追い求めるべく、分析度外視の値ごろ感でトレード。
冷静に考えると勝てるわけありませんよね。

ここで昨日の記事で書いた精神力が大事になってくるんです。

>FXって難しいけど魅力がある

いいですか!値ごろ感でトレードなんかやってちゃいつまでたっても勝ち組にはなれませんよ!




話は変わって明日は本来の目的であるDIYネタを

と思ったんですが、製作途中の写真が一切ないんです。
ちょっとしもちゃんはDIYを語る資格がないです。
注意してあげてください。










2018/02/01

FXって難しいけど魅力がある


皆さん最近大暴落で注目の仮想通貨ってどう思いますか?
昨年秋から急騰を見せて多くの億り人を出した仮想通貨ですが年末から下落相場に入って投げ売りや破産者をたくさん出していますね。
芸能人も例外なく財産を失った人がいますよね。
ラララライ体操で一世を風靡?した藤崎マーケットのトキがインスタか何かに画像を挙げて悲壮感を漂わせていました。

スポーツ報知 「藤崎マーケット」トキ、仮想通貨流出で破産状態…残高6万円

しもちゃんは正直仮想通貨は否定派です。
まず税金!1憶稼いでも半分は税金でもっていかれちゃうんです!
雑所得は給与所得に合算して計算されるので、我々一般人が中途半端に稼いじゃったらがっぽり税金持っていかれる上に、
年末からの下落相場でさらに年始から大暴落したら高額な税金とられるだけです。

何より仮想通貨っていってもビットコインのほかにもたくさんの種類があって財団がその仮想通貨を廃止したら無くなっちゃうんですよ!仮想通貨バブルが弾けたら淘汰されて種類がかなり減っちゃうんじゃないでしょうか・・・
ただ、ブロックチェーンというシステムは非常に優れていると思います。そのうち税金関係やお国のサポート体制が整ったら手を出してもいいかなと思ったり思わなかったり。
今のところボラが大きすぎてしもちゃんはついていけません。

それよりFXはお国が発行するお金レバレッジという倍率を掛けて取引するものでそうそう紙切れになることはないでしょう。しもちゃんは投機的なものよりしっかりしたものを好みます。
そもそもFXとは外国為替証拠金取引と言って簡単に例えると・・・

1ドル=100円の時にドルを買って
1ドル=110円の時にドルを売る
これで10円儲かるわけです。

FXは1000通貨~10000通貨単位で取引するので

1枚(1ロット)の取引だと上の式に ×10000したら・・・

何と 10万円も儲かっちゃうんです!
さらにここにレバレッジをかけて(現在日本では最大25倍)取引した場合・・・

250万円もの利益になります。


ただし、反対に動くと250万もの損失が出てしまいます。
それを防ぐために強制ロスカットといって、証券会社が最大限損失が膨らんだところで強制決済してくれる非常にありがたい機能が備えられています。
これを避けるために、これ以上マイナスが膨らんだら苦しいってところに逆指値というものを設定しておけば損失を最小限に抑えることができます。

まあ、折角投資するなら儲けたいですよね、そこでファンダメンタルズや先人の作り上げたテクニカル分析を駆使して稼いでいこうと、いろいろな先生方がチャートパターンやオシレーターの使い方を紹介してくれるサイトなどが掃いて捨てる程ネット上に存在しています。
基礎はネットで勉強してもいいですが、取引手法は自分に合ったものを構築してマイルールを決めた方が絶対にいいです。

大事なことは

①精神力(簡単にポジらない、短期的な動きに惑わされない)
②資産管理(大きな取引をすると強制決済にあうリスク増大)
③ルールは絶対!

この3つを守っていれば勝てなくても破産はないでしょう(笑)

ちなみに・・・大金を持っているのであれば、上下どちらに大きく動いてもびくともしないので絶対に負けることはありません。
だって、コイントスで売り買いのポジションを決めてもプラスになった時に決済したらいいんですもの。
分析もへったくれもありません。

何でこんなブログかって?
だってお外は寒いしお金がないんだもん


誰得情報

本日の損益
 USD/JPN 2000円利確
 EUR/USD 5000円利確
 含み損
 TRY/JPN -24000円
 
先月損益 
 - 恥ずかしくて言えない万円