2018/03/10

今週(3月5日~9日)のトレード結果報告

18年3月5日~9日ダウ


今週は週中でコーン氏の辞任報道で下げる場面がありつつも兼ね直近下落の調整上げといった印象の強い1週間となりました。
ダウは暴落から調整の動きに終始しており、上値・安値ともに固く守られているレンジ相場となっています。
しかし、9日の雇用統計では雇用者数では大幅な上昇となりつつも、平均時給が前回の結果と市場予想を下回り、緩やかな成長を見込んだ形となり株式市場では好感を持たれた形となりました。

一方為替市場はといいますと、ドルストレートはドル売りとなりました。最近同じ方向へ動きやすい円も同じく円売りが優勢となりました。(クロス円の取引ではロングエントリーが優勢という意味)
ドル円で見ると、直近の強い円高圧力の調整のためか、円の方が強く売られるといった状況となりました。

ちなみに言うと、ドルと円が同じ方向に動きやすいのと一緒で、ユーロとポンドも同じ方向に動きやすい通貨となっていますので、ドルストレートやクロス円の動向を探る際は参考にしてみてください。


先週のしもちゃん予想レンジの高値106.800を上抜けるような上昇を見せたため、邪道なロングエントリーで損失を回避する不細工な取引をしてしまいました。
今週の動きは読みにくいとは言っていたものの、下手をすれば大きな損失を出す可能性のある手法をとってしまいましたので今週は反省しております。

では今週の結果はといいますと・・・


決済損益  102,053円
スワップ損益  -1,740円
合計  100,313円

含み損(ドル円)  -40,450円
含み損(トルコリラ円)  -111,900円


トルコリラ円の含み損がやや巻き返してきているのにドル円で4万の含み損を抱えてしまって先週と変わらず15万の含み損となってしまっています。
あ゛あ゛ぁぁもうっ!長期足でトレンドフォローしてても短期のトレンドレスな動きに飲まれてたら意味ないしマイナススワップ地味に痛いよぉぉ!!












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント