FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/03/18

ドル円来週(3月19日~23日)の相場予想

いやーキャンピングカーっていいですね!FXで専業トレーダーをしながら日本を旅して回れたら最高でしょうね!
いつか買えるといいなと思っているしもちゃんです(思うのは勝手なので自由にさせてください)。
今週は大きな含み損を抱えて上のような考えが吹っ飛んでしまいそうになっていますが、来週の相場予想をしていきたいと思います。


18年3月19日~23日予想


円高圧力が一時的に弱まる場面があったものの、森友問題を背景とした麻生副総理兼財務大臣の退陣リスク、強いては安倍内閣の退陣に発展した場合にはアベノミクスの根幹である異次元緩和効果の減少リスク。
日本は3月本決算月ということで資金の引き戻し、米中・欧米経済戦争懸念・これはトランプ政権の保護主義によるもので、日本に対しても全く影響がないわけではありません。

さらにティラーソン国務長官他トランプ政権の対立派などのさらなる解任懸念など日米ともに政治不安を抱えています。

また、イギリスのロシア人スパイ関連のロシアに対する強硬姿勢、第4次メルケル政権の敗者の連立といわれる状態、ドラギECB総裁のユーロ高牽制発言の強まりなど、キリがないほどの政治・経済てきなリスクオフの円高要素をはらんでいます。


しかし米経済はというと堅調であり、先日の朝鮮地政学リスクの後退、また今週FOMCを控えていることから、パウエル新FRB議長の発言によっては上昇の可能性もあります。


テクニカル分析の方では日足レベルのトレンドラインを上抜けたとはいうものの、新たなチャネルを形成しています。
先週注目していると書いていたダブルボトムは失敗に終わり、週中盤から下落に転じております。



【重要】日足・週足レベルの相場環境認識

今年始まってからの急速な下降トレンドは一時的に軟化してはいるものの、まだ完全にトレンド転換しているとは言えない状況にあります。
このダブルボトム失敗からをウォルフ波動を形成した場合には週足・月足レベルの切り上げラインに抑えられ、その下の強いレジスタンスラインの107.9、強ければ108.5を目指す形となってくるのかなと思います。
ただし、綺麗なウォルフを形成した場合には3月中をかけて、104.2を底値にした反転となってくることとなります。

しかし安値も底堅く、105.5には幾度となくサポートされています。また過去にはこのラインで週足レベルのトレンド転換が発生しており、強く意識されているので、一気に抜ける展開とならない限り105円を割り込む展開は難しいのではないでしょうか。



来週の値動き

週末に105.5にトライする展開となりましたが、反発し、NY市場前半からロンドンクローズにかけて106.2付近まで上昇しました。
しかし、4時間足20MAに抑えられそのまま緩やかに下落し106円を割り込んだため、週初めは105.8~106.2のレンジが予想されます。

このレンジを上抜けたとしても、日足SMA付近106.4には抑えられるのかなと思っています。その後週後半にかけてはレンジ抜け方向に推移するのかなとは思いますが、高値目途はやはり106.4~5、安値目途は105.5~105.0とやや円高優勢の展開になるかなと思います。

105円を明確に割り込まなければドルの買戻しによって、強く押し戻される可能性がありますし、高値側では週足トレンドはまだまだ下降トレンドということもあり、107円まで上昇したとしても、下ってきた週足MA付近からは戻り売りに叩かれる展開が予想されます。
どちらに動いても、1時間足レベルでの反転を確認後に乗っていくことを意識していけば大きな波にをとっていくことができると思います。レンジ幅105~107.9を意識して高値付近からは売り、安値付近からは買い戦略が懸命ですが、買いの場合には逆張りであることを念頭に少なめのLotで勝負を仕掛けていってください。

でないと、しもちゃんのようにナンピンを失敗し、大きな含み損を抱えてしまいます。

どちらにしても、FOMCまでは動意に欠く展開が予想されますので長期保有可能なLotでこまめな利確をしていくようにしてください。深追いは禁物です。


それでは来週も頑張っていきましょう!














スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。