2018/06/09

FX初心者が勝ち越している理由

しもちゃんのFX歴は1年と少しです。
相場観の卓越した人だと1年もすればものすごい利益を出しているとは思いますが、しもちゃんにそんなものはありません。

では、何故そんなしもちゃんが勝ち越しているのか。


これは以前にも書いたことのある話なのですが、FXをやるにあたって大切なことがあります。

①精神力(簡単にポジらない、短期的な動きに惑わされない)
②資産管理(大きな取引をすると強制決済にあうリスク増大)
③ルールは絶対!

この3つです。

短期的に大きな利益を狙っている人には関係のない話になってきますが、絶対にロスカットされない程の資産管理をしていれば、コイントスで売り買いのポジションを決めてエントリーしてもプラスになった時に決済すれば絶対に負けません。

勝ち急いでいる人はいませんか?

そのエントリーに根拠はありますか?

今言っていることは矛盾しています。
コイントスでエントリーを決めても勝てると言って、エントリーに根拠を求めるのはおかしな話なのですが、上記3つの大事なことをしもちゃんに当てはめて解説します。

まず、しもちゃんは日足・週足をメインに考えています。
①の精神力についてですが、簡単にポジらないのは補助的に導入しているテクニカル分析によるものです。
この補助的に導入しているテクニカル分析はユーチューブやネット上のチャート分析の記事等を参考にした程度の知識しかありません。

それと通貨強弱。
この2つで日足・週足の方向感を確認します。

なので、しもちゃんのテクニカル分析能力の精度は低いです。
しかし、精度は低いながらも無駄なエントリーを少しでも減らし、タイミングを見計らうことはできます。

日々勉強はしているものの、正確な値動きにはついていけません。なので短期トレードを苦手としています。
そして②にも繋がってきますが、短期的な値動きは基本的に無視しています。


そして、②こんな精度の低いテクニカル分析でトレードをしないといけないので、取引枚数は少なくしています。
そして、逆方向に変動した場合には両建てを駆使してポジション調整をします。
そして徐々に含み損を減らしていきます。

この時注意しないといけないのが、両建ては無暗にしないようにしておかないと、損しか生まないこともあります。
これは③に繋がってきますが、両建てした場合に限り、損切りを実施するようにしています。

では③のルールは絶対!ということで、しもちゃんは基本的に損切りをしないスタイルです。

では下の画像を見て下さい。


手法解説

あくまで例ですので何でもかんでも実行しないでくださいね!
まず左側のショートエントリーですが、見事に底値掴みしています。しかし、長期的に下降トレンド中であるという認識があり、このポジションを半年間保有していると利益になっています。

これが耐えられない程の枚数のポジションだと上昇につれてロスカットされてしまいます。
しかし、少ない枚数であればプラスになったら決済でいいやと放置もできます。これは極端な例ですので、何回も書きますが、参考程度に見て下さいね。
これに複合的にテクニカル分析やダウ理論の高安、他通貨ペア監視による通貨強弱を使って底値付近で続伸を狙う場合は極小ロットでのエントリーなどを行って資産管理を行います。

両建てで相殺する方法もありますが、これはお勧めしません。両方のポジションが死んでジリ貧になってしまう場合があります。

ここまで書いて何がいいたいのか分からなくなってきたのでもう少し簡潔に書きたいと思います。

3つの大事なことを守って、テクニカル・ファンダメンタルズ分析等自分にあったものを複合的に補助として導入すれば、しもちゃんのように含み損は抱えど勝ち越していくことができます。


某投資系ユーチューバーのまとめサイト管理人さんもファンダメンタルズ分析とロング1本で利益を出し続けています。

これはあくまで、スイング気味にトレードを行うしもちゃんのような兼業トレーダー向けの手法であり、全ての人に合うものではありません。

どのようなルールにするのかは自身の守れるものとしてください。
守れないルールを作ってもなんの意味もありません。






なぜこんなことを書いたのか・・・



外は熱いし今日は暇だったからです。



















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます