FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/06/24

ドル円来週(6月25日~29日)の相場予想

今月はトルコリラ円の値動きで今月は赤字となる未来しか見えないしもちゃんです。
個人的一大イベントのトルコW選挙が明日に迫ってきました。
少し憂鬱気味ですが、トレードに根拠を持って挑むべく、分析をしていきたいと思います。


18年6月25~29日予想

今週のドル円は高値安値のボラティリティを狭くしつつ来週には大きく動いてくる可能性があるポイントでクローズとなりました。
クロス円は週末にかけて短期的に大きく動く局面もありましたが、いい戻り売りポイントまで戻ってきただけのような印象があります。

ユーロドルは月足レベルの大きな節目のラインまで下落しており、ドル高相場の一旦の終了局面を迎えつつあります。
そうなると、先週も書いていたように円買いが強くなりやすい環境となってきます。ファンダメンタルズ的にも円高要因となりうるものが多く、さらには週足レベルではドル円は下降トレンドであることを意識する必要があります。

ただ、米経済はかね堅調であり、積極的にドルを売っていくということにはなりづらく、ドル円に関しては一気に今年最安値を更新するといった動きは考えづらいところではあります。

むしろ、クロス円の下降トレンドが強まる可能性の方が高く、ユーロ円に関しては123円も割り込んでくるのではないかと思っています。


【重要】日足・週足レベルの相場環境認識

ドル円は日足レベルでフラッグの形となっており、現在レートは下限割れの攻防となっています。110.8近辺の売りが強く、4月か5月頃に言っていた絶対防衛ラインといっていたこのレートが非常に強く意識されており、このライン以上の滞在期間は非常に短く、週足では全て上髭となっています。

このままいくと、週足切り下げラインである111.8どころか、直近高値111.5への寄り付きも難しいように思います。
今年はこのままジリジリと下げていき、週足トレンドラインへのトライは秋くらいになってくるかもしれません。
そうなると、数か月後ともなると、高値の切り下げラインは110円台となってくると思います。

あくまで個人的見解なので、参考程度にお願いします。


来週の値動き

来週はトルコ選挙を受け週明けは上値が重くなる可能性があります。というのもトルコの選挙結果が良好であった場合ドル売りトルコリラ買いとなり、欧州通貨や資源国通貨等もジリジリ高値を切り上げてきます。
そのような環境になると円も売られますが、ドル売りが強くなり高値は抑えられます。さらに、選挙結果が悪ければリスクオフ相場となり、ドルより円が買われてしまいます。

つまり、来週は110円台中盤まで戻れば売りを仕掛けていきたいと思います。そして、109.6を下抜けた場合には108円台まで利を伸ばせる可能性があるかもしれないので値動きに注意してついていきたいです。

もし、ドル円が上昇となった場合には、紫のゾーン下限110.6~110.9での値動きに注意し、強く抜ければ前回高値111.4までは伸ばせるチャンスがありますが、現在の環境からは難しいように思います。
ちなみにこのレートまでいった場合にはショートポジションをとってみたいです。

黄色のトレンドラインを下抜けた場合はまず109.6を意識し、下抜けた場合には108.9までついていけたらいいかなと思います。



長くレンジ相場となっていたことから、動き出すと一気に変動してくるかもしれませんので、重要ラインでの攻防には注意していきたいですね。




トルコリラ円が心配なしもちゃんですが、6月最終週も頑張っていきましょう!







人気ブログランキング
参考になったという方は投票お願いします!
今後のブログ更新の励みになります。
















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。