FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/02/12

2月12日リアルトレード【ユーロオーストラリアドル】

本日2月12日月曜日さっそくですが、チャンスが訪れてきたのでリアルトレードの報告をしてみたいと思います。

18年2月12日EURAUDリアルトレード


いつも相場予想はドル円ばかりやってますが、今回ユーロオーストラリアドルでチャンスが訪れてきたので成行注文をしました。
相変わらず円高圧力が強い中、今日はオーストラリアドルがクロスで買われているのが確認できます。しかしこれを書いている間にさらに円高圧力が強まり、15pips程でていた利益が徐々に減ってきています。。。

この心境が所謂「チキン利食い」となってしまうパターンです!
しかし自分のシナリオを信じてOCO注文に身を委ねたいとおもいます。







さて、注文根拠ですが、フィボナッチの起点となっている押し安値から引かれる切り上げラインですが、23時の4時間足で下方ブレイクを確定させました。その前に直近安値も下回ったことから、急遽成行でショートエントリーしました。
15分足レベルだと1.55900に指値するんですが、4時間足レベルでの戻りをとるシナリオでのトレードですので、指値は強気で行くならフィボナッチの61.8%ライン付近の1.54550にするんですが、逆張りとあってそこまで強気に出ることができません。よって、50%戻しの1.55250に指値しました。ここは11月20日あたりの高値にあたります。また、下降トレンドの起点にもなっているため、意識されるラインだと推測します。

1.57700のラインは日足・週足でも強く意識されているラインで、レジスタンスとして非常に強く作用しています。ここから週足レベルで確認できるダブルトップに発展すればスイングで長期保有することも可能です。

ムフフな妄想ばかりしていますが、しもちゃんのように少額でFXをやっている人にとって負けトレードでの損失は結構痛いです。
ここで資産運用の大事さがわかってきます。大きな賭けに出れば利益は大きいですが、負けトレードの場合は大きな損失となってしまいます。
一般的に許容損失は資産の2%と言われています。でなければその後の巻き返しは非常に難しくなってきます。そして取り返すために無茶なトレードをしてロスカット・・・と最悪なパターンは避けたいです。

そこで逆指値が重要になってきます。今回しもちゃんは1.57150に逆指値をおいてます。本来ならば直近最高値の1.57940付近に置くのが一般的ですが、これではリスクリワードが1:1と割りに会いません。可能であれば2:1もしくは3:1くらいの比率で利益を出していきたいです。
これが損小利大の理念になります。
しかし、こういったポイントを見つけるのは難しくもあります。現在もしもちゃんは不安でいっぱいです。


何はともあれ、今週中に+決済となることを祈って待ちたいと思います。



2月13日続報

さっそくですが結果報告したいと思います。
結論からいいますが、典型的な負けパターン「髭で狩られる」形で逆指値に引っ掛かって見事70pipsほど負けました。
リスクヘッジといいますか、ユーロドルのロングも朝エントリーしてましたので、損失は小さく済みました。

18年2月13日EURAUD結果

エントリーした陰線が髭になって、次の足で大きく戻していたので正直これはまずいなと思ったのですが、昼頃確認したら再度含み益になっており、少し安堵していました。

ここで下抜けを確定していないというより、トレード根拠が成立していないことに気づいていれば微益で逃げることができたのですが、素人ならではの負けトレードでした。
しかし先ほども書きましたユーロドルロングのおかげで今週はまだプラス状態を維持できています。
今日ユーロドルのリアルトレード記事を書けばよかったわくそが

まあしかし、視点を変えると逆指値のおかげでそれ以上の損失を回避できているという点は理解していただきたいと思います。

逆指値は非常に重要です!

ちなみにこの記事を書いている現在1.5760にまで達しており、これを所謂ガチホールド(略してガチホ)していれば、他通貨のトレードに費やす証拠金が拘束された状態となり、機会損失してしまいます。

言い換えれば他でもっと稼げるのにいつまでマイナスの数字を見てるのって状態になってしまいます。これはマイナス決済をするよりも大きな損失であることを理解してください。
たとえば、含み損を抱えている間に他通貨ペアでエントリーチャンスが何度も訪れて、トレードしていれば500pipsの利益がでているのに含み損200pipsを眺めているだけとか、何のためにFXをしているのかわからない状態になってしまいます。

なので、今回は失敗してしまいましたが、エントリーする時点で指値の位置と逆指値の位置を決めてしまうのは、FXをやる者として常識なので、間違っても根拠もなく値ごろ感でエントリーのような博打は絶対にやめてください。
ギャンブルがしたいなら、パチンコでもどうぞ!

では、皆さんも頑張って勝ち組になりましょう!













スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。